補聴器 シーメンス ワイデックス

耳あな型 デジタル補聴器

極小タイプ 耳あな型 デジタル補聴器

耳あな型デジタル補聴器耳の中に隠れてしまうほどの極小タイプ補聴器。補聴器をつけていることを気づかれにくいので女性に好評です。ただ、小型のため手先の不自由な方や難聴度が進んだ方には不向きです。

  • 方耳価格 ¥98,000〜
  • 両耳価格 ¥176,400〜

スタンダードタイプ 耳あな型 デジタル補聴器

耳あな型デジタル補聴器耳の中に装着する小さい補聴器。補聴器をつけていることを気づかれにくくメガネをかけても邪魔にならず両耳装用に最適。難聴度が進んだ方にも対応できるスタンダード補聴器です。

  • 方耳価格 ¥98,000〜
  • 両耳価格 ¥176,400〜

耳かけ型 デジタル補聴器

ミニ耳かけタイプ 耳かけ型 デジタル補聴器

耳かけ型デジタル補聴器耳かけ形なのに目立ちにくい補聴器。耳栓・チューブの部分を改良しこもり感がなく開放的な音質を実現しました。RICタイプなら豊かな音量と音質も可能です。アクティブに使える耳かけ型補聴器。

  • 方耳価格 ¥140,000〜
  • 両耳価格 ¥252,000〜

スタンダードタイプ 耳かけ型 デジタル補聴器

耳かけ型デジタル補聴器昔から愛用されている耳に掛けるタイプの補聴器。最近では汗対策の防水性がアップ、小型軽量化、ハウリング(ピーピー音)を防ぐ耳栓「イヤモールド」などさまざまな改良が成されています。重度難聴にも対応。

  • 方耳価格 ¥68,000〜
  • イヤモールド価格 ¥9,000〜
補聴器ご購入にあたって

難聴度と補聴器の必要性

ご自分の聴力を知っている、または測ったことがある方はあまりいらっしゃらないでしょう。
正確な聴力や難聴のタイプは耳鼻科で測定できます。もっと手軽に調べるなら当店でも聞こえの状態を知ることができます。「最近テレビの音が大きいって言われる」「何度も聞き返してしまう」そんな症状があれば、無料でお調べしていますのでいつでもお気軽にご相談ください。

正常 補聴器を必要としません。
軽度難聴 補聴器の使用を悩むレベルですが 誤解、トラブル防止のため積極的に使用を考えてみてはいかがでしょうか。このレベルから始めると補聴器に慣れやすいです。
中度難聴 あなたの生活に補聴器は必要です。聞こえによる支障でコミュニケーションがうまくいかなくなると ご家族も疲れてしまいます。ぜひ補聴器をご活用ください。
高度難聴 日常生活が困難なはず。周りとのコミュニケーションも疎遠になっているのでは。早急に補聴器の装用を考えてみてください。
重度難聴 会話はもちろん、電話のベルや自動車のクラクションも聞こえないことがあるのでは?非常に危険な状態です。

ご購入手順

カウンセリング 現在の聴こえの状態、聞こえの悩み、補聴器のご希望を伺います。
聴力測定 当店または耳鼻科にて聴力レベルを測定いたします。
(20〜30分)
補聴器機種選択 聴力、ご希望、ご予算に合わせて最適な補聴器のタイプを選びます。
試聴、フィッティング 補聴器の試聴、耳の形に合わせて調整します。耳の中に入れるタイプは耳型を取ります。
(30〜40分)
ご購入 ご使用方法(補聴器のつけ方、お手入れや電池の出し入れなど)をご説明します。
点検、クリーニング 音の微調整やクリーニングを定期的に行います。(無料)補聴器を快適に使うには購入後、何度かご来店いただく必要がありますのでお近くのでの購入をお勧めします。